今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2018/11/16更新

すいません、ほぼ日の経営。

  • 糸井重里
  • 川島 蓉子
  • 発刊:2018年10月
  • 総ページ数:288P

142分

3P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な
アマゾン詳細ページへ

事業の起点はアイデア

ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営するほぼ日の経営、事業のあり方を紹介している一冊。糸井重里氏へのインタビュー形式で、ほぼ日の考え方が書かれています。


■おもしろいアイデアが事業の起点
ほぼ日は、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を企画・運営するとともに、オリジナル文具や日用雑貨などを、インターネット上の「ほぼ日ストア」で販売している。「ほぼ日ストア」には、独自性豊かな様々な商品が並んでいるが、中でも2001年に発売された「ほぼ日手帳」は年間80万冊近くを売るヒット商品になっている。

ほぼ日では、おもしろいアイデアを生み出すことが事業の起点にある。それは、社長の糸井重里氏だけの仕事ではなく、社員それぞれの発案で決まる。しかも、つくって売る過程では、市場調査や営業活動を積極的に行うわけではない。

ほぼ日ではアイデアの質や発想を大切にしている。いいアイデアは独自性のある事業につながり、利益を生み出すという哲学が根底にあるからだ。

超短要約

いい事業は、おもしろいアイデアありきで始まる。

著者 川島 蓉子

1961年生まれ。伊藤忠ファッションシステム 取締役 ifs未来研究所 所長 ジャーナリスト 1984年、伊藤忠ファッションシステム入社。ファッションという視点で消費者や市場の動向を分析し、アパレル、化粧品、流通、家電、自動車、インテリアなどの国内外の企業と、ブランド開発・デザイン開発などのプロジェクトを行う。 Gマーク審査委員、川崎市街づくり委員会委員、札幌市デザインコンペティション審査委員。 日経ビジネスオンラインや読売新聞で連載を持つ。

この本を推薦しているメディア・人物

週刊ダイヤモンド 2018年 11/10 号 [雑誌] (変われぬ東芝 変わる日立) 週刊ダイヤモンド 2018年 11/10 号 [雑誌] (変われぬ東芝 変わる日立)
三省堂書店有楽町店主任 岡崎 史子
日経トレンディ 2019年 1 月号 日経トレンディ 2019年 1 月号

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
まえがき p.2 3分
第1章 ほぼ日と事業 p.13 29分
第2章 ほぼ日と人 p.87 21分
第3章 ほぼ日と組織 p.141 17分
第4章 ほぼ日と上場 p.185 20分
第5章 ほぼ日と社長 p.235 15分

ユーザーのしおりメモ (0)