今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2018/09/19更新

フェミニスト・ファイト・クラブ 「職場の女性差別」サバイバルマニュアル

252分

6P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

男性上位社会を撃ち壊すためのツール

女性が職場の性差別と戦うためのツール。いかに男性上位社会の中で、相手に対抗するか、様々な方法が紹介されている一冊。


■男性上位の社会
日常的に、会議の席で男性は、無意識の内に女性にメモをとるよう言う。あるいは、実際は女性が仕切っているのに、責任者は男性だと間違えられる。グループ内で何度も話の腰を折られたり、自分のアイデアを他の男性のものにされたりする。女性は、ありとあらゆるルールに従い、力不足なフリをし、リーダーになっても「気が強すぎる」と思われないよう気を使わなければならない。なにしろ、同僚の男性が女性を「ものすごくやる気がある」と評する時は、褒めているのではなく、けなしているのだから。

気立てが良くなくてはいけないが、良すぎてもダメ。信頼されるよう自信は持たなければならないが、持ちすぎはダメ。さらにその女性が有色人種だったら、男性と同じくらい仕事ができると証明するために、男性の3倍も4倍も5倍も働かなければならないのが現実だ。

必要なのは、独自の武器、「有利に」戦える武器だ。

超短要約

ダイバーシティ研修だけでは、性差別の問題は解決できない。それだけでは、意を決して権限を求める女性が「でしゃばり」扱いされ、煙たがられるままだろう。

これは、個人でどうこうできる問題ではない。他の女性たちを味方につけよう。そのためにも、まずは団結しよう。

著者 ジェシカ・ベネット

ジャーナリスト、評論家 「ニューズウィーク」で編集を、ウェブ版「タイム」でコラムニストを担当するなどしてキャリアを積む。守備範囲は、ジェンダー、セクシャリティ、カルチャーなど。 「ニューヨーク・タイムズ」ではデジタル言語に関するコラムを執筆。 シェリル・サンドバーグが創設した女性のための非営利団体“LeanIn.org"の総合監修者としても活躍する。

この本を推薦しているメディア・人物

帯
フェイスブックCOO シェリル・サンドバーグ
帯2 帯2
コメディアン イラナ・グレイザー
帯3 帯3
ペンシルバニア大学ウォートン校 教授 アダム・グラント

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
はじめに:戦いの準備をしよう p.19 10分
FFCがおくる「女性による女性のための宣言」 p.35 3分
Part1 敵を知る──こんな態度に気をつけよう p.39 29分
Part2 自分を知る──自分で自分をダメにする女性について p.85 35分
Part3 思わぬ落とし穴──「典型的な言われ方」を把握してうまく対処する方法 p.141 30分
Part4 自分の言葉で話す──「とんでもない」しゃべり方をしないために p.189 25分
Part5 ふざけるな。給料を払え──交渉用虎の巻 p.229 13分
Part6 男性ならどうする?──いいところは貪欲に盗もう p.249 20分
結論 ともに戦う女性たち p.281 3分

この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)

大人の女の話し方 人前で最高の自分を表現するためのパーフェクトガイド 大人の女の話し方 人前で最高の自分を表現するためのパーフェクトガイド
[Amazonへ]
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方―男と女の会話スタイル9to5 どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方―男と女の会話スタイル9to5
[Amazonへ]
ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本) ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本)
[Amazonへ]

ユーザーのしおりメモ (0)