今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2018/07/02更新

運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器

194分

6P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

外界に対して常にオープンな「渦巻き思考」

「渦巻き思考」というOSを「ものの考え方の基本」として頭にインストールすれば、運は確実に開く。決め事に縛られず、オープンマインドで構えて都度都度フレキシブルに対応する。

渦には大きく2つの特徴がある。まず、渦には実体がない。渦とは水が螺旋的に流れ込んでいる「状態」であって、ある形をもった「形態」ではない。渦には「常に」水が流れ込んでおり、「常に」水が流れ出ている。来るもの拒まず、去るもの追わず。外界に対して常にオープンである。どんなタイミングで何が入ってくるのも、どんなタイミングで何が出ていくのも自由。これが「渦巻き思考」の本質である。

運を切り開くためには「自分自身が渦になる」ことが大切である。何かを後生大事に「占有」していたり、特権的な何かに「執着」していたりする人に運は向いてこない。自分自身に実体はなく、自分の周囲に色々な人が集まって、自分自身に色々な作用を施し、自分から色々なものを生み出す。そういう「システムを構築」することが、すなわち開運なのである。

同じ事象をどう捉えるか

星座は夜空に浮かぶ近い所にある同士の星々を任意につなげて、何かの形に見立てるもの。それと同じように、自分が今興味を持っていたり取り組んでいることと他の物事を、実際には距離が離れているけど、今自分が立っている場所から見たら、1つの星座として結びつけることができることを、星座がつながったという。

30、40年なりの長きにわたって感度を働かせ、物事をシャットアウトしない、オープンなマインドで手当たり次第に経験したり、人と会ったり、面白がったりしていれば、そこで蓄積された経験や培われた様々な感受性の「何か」と「何か」が、ある瞬間に時間を超えて突然つながる確率はものすごく高まる。常日頃から色々なことに首を突っ込み、考えをめぐらせ、感情を働かせている人ほど、頻繁に星座がつながる。かつてものすごくハマったり、一生懸命調べたり、没頭したりしたものが多ければ多いほど、その後何年、何十年経っても、一瞬でその時の気持ちや情動が解凍されて、目の前の事象と有機的に結びつく。

星の1つ1つそれ自体に、意味や吉凶がある訳ではない。「どう解釈するか」は、観測者次第である。そして星座として見立てられるかどうかも、観測者がそれまでの人生でどれだけ「渦」的思考の持ち主だったかに、大きく左右される。天にある星の数や明るさが、観測者によって違う訳ではない。よって、「運がいい」というのは、「星座がつながる確率が高い」ということに他ならない。

自分が取り巻かれている現状が変わらないとしても、それを「どう捉えるか」によって、運は変わってくる。