今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2018/07/09更新

好き嫌い―行動科学最大の謎―

429分

4P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

人の好き嫌いは何によって決まるのか

人の好き嫌いは何によって決まるのか。
いまだに解明されていない人の好みについて、科学的な知見を紹介している一冊。


■期待と記憶が好みをつくる
好みとは、つまり期待と記憶のことだ。何かを楽しみにしている時でも、それを前回楽しんだ時の記憶を振り返っている。そして、期待は好みを後押しする。私たちはあるものを「これはお気に入りだ」と思って過ごすのに負けず劣らず長い間、「これが気にいるといいな」と思って過ごす。
面白い映画だったと事前に感想を聞かされていると、その映画を実際に見る時に2つのことが起こりうる。1つは「同化」だ。感想を聞いて期待が高まったことで、感想を聞かなかった場合よりもその映画が好きになるケースである。もう一方の「対比」では、さほど期待していなかった場合よりも余計にがっかりする。

食べ物については、私たちは同化しやすい。見るよりも前に頭の中で試食して楽しみにしている。人はある品物が期待通りであればあるほど、それだけその品物を気に入り、期待からずれているほど好きにならない。食べ物の場合は常にそういうことがあり、その際、その食べ物への実際の知覚反応はほとんど関係しない。

超短要約

私たちは自分が何を好きなのか、自分のしていることのどこが好きなのかをわかっていないことがよくある。好みには様々な無意識のバイアスが付きまとい、その時の状況や社会からの影響であっけなく揺れ動く。今日好きなものを明日も好きでいる可能性は思いがけないほど低く、以前に好きだったものを何が好きにさせたのかを憶えている可能性はさらに低い。

専門家の場合でさえ、本当に良いものを知ろうとしたり自分自身の感情を知ろうとしたりする時に、絶対的に正しい指針がある訳ではない。

心理学では、人は選んだものをより好きに、選ばなかったものをより嫌いになることで、決定後に不安になるのを避けようとするとされている。選ぶものに好みが影響するのと同じくらい、選んだものは好みに影響する。

著者 トム ヴァンダービルト

作家、ライター テクノロジー、サイエンス、カルチャーに詳しく、Wired、Slate、The New York Times、The Wall Street Journalなどに寄稿する。

この本を推薦しているメディア・人物

帯
一橋大学教授 楠木 建
週刊東洋経済 2018年8月4日号 [雑誌](親の看取り方 悔いなく見送るために) 週刊東洋経済 2018年8月4日号 [雑誌](親の看取り方 悔いなく見送るために)
東洋英和女学院大学 客員教授 中岡 望

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
はじめに p.11 16分
第1章 何を召し上がりますか―食べものの好みについて考える p.31 44分
第2章 誤りは私たちの星評価にあるのではなく、私たち自身にある―ネットワーク時代における好み p.85 37分
第3章 好みは予想できるのか―あなたのプレイリストがあなたについて語ること p.131 41分
第4章 なぜこれが好きだとわかるのか―芸術の陶酔と不安 p.181 52分
第5章 なぜ(そしてどのように)好みは変わるのか p.245 41分
第6章 猫と土とビール―専門家はよいものをよいとどうやって判断するのか p.295 49分
おわりに p.356 6分

この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)

自分を知り、自分を変える―適応的無意識の心理学 自分を知り、自分を変える―適応的無意識の心理学
[Amazonへ]

ユーザーのしおりメモ (0)