今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2018/06/21更新

読書という荒野 (NewsPicks Book)

  • 見城 徹
  • 発刊:2018年6月
  • 総ページ数:237P

165分

6P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

読書の本質

様々なベストセラーを世に送り出してきた幻冬舎代表の見城徹氏による読書論。これまでの著者の読書体験や作家との交流について語りながら、読書の意味や本質とは何かについて問いかけます。


■人は読書によって言葉を獲得する
人間と動物を分けるものは、「言葉を持っている」という点に尽きる。人間は言葉で思考する。言葉を使って自らの生や死について考え、相手に想いを伝える。人を説得し、交渉し、関係を切り結ぶ。そして人生を前に進めていく。

では、人間としての言葉を獲得するにはどうすればいいのか。それは「読書」をすることにほかならない。本には、人間社会を理解する上でのすべてが含まれている。人間は途方もなく多様な存在で、自分では想像もできないような考えを持つ他者がいる。読書で学べることに比べたら、一人の人間が一生で経験することなど知れている。読書をすることは、実生活では経験できない「別の世界」の経験をし、他者への想像力を磨くことを意味する。人間の美しいさや醜さ、葛藤や悩みが見えてくる。そこには、自分の人生だけでは決して味わえない、豊穣な世界が広がっている。その中で人は言葉を獲得していく。

超短要約

読書の意味とは、自分一人の人生では経験できないことを味わい自分の問題として捉え直し、他者への想像力を磨く点にある。

著者 見城 徹

1950年生まれ。幻冬舎 代表取締役社長 角川書店の時代から名編集者として名を馳せる。取締役編集部長を務めた後、幻冬舎を設立。豊富な人脈を基に著名作家などとベストセラーを送り続け、2003年幻冬舎を上場させた実績を持つ。なお、幻冬舎は2010年にMBOにより上場廃止している。

この本を推薦しているメディア・人物

帯
サイバーエージェント代表取締役 藤田 晋
帯2 帯2
作詞家 秋元 康
週刊ダイヤモンド 2018年 6/30 号 [雑誌] (必修 使える! 数学) 週刊ダイヤモンド 2018年 6/30 号 [雑誌] (必修 使える! 数学)
リブロ営業推進部マネージャー 昼間 匠

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
はじめに 読書とは「何が書かれているか」ではなく「自分がどう感じるか」だ p.3 9分
第1章 血肉化した言葉を獲得せよ p.26 14分
第2章 現実を戦う「武器」を手に入れろ p.52 25分
第3章 極端になれ! ミドルは何も生み出さない p.96 18分
第4章 編集者という病い p.128 21分
第5章 旅に出て外部に晒され、恋に堕ちて他者を知る p.166 16分
第6章 血で血を洗う読書という荒野を突き進め p.194 16分
おわりに 絶望から苛酷へ。認識者から実践者へ p.222 9分

この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)

吉本隆明詩全集〈5〉定本詩集 1946‐1968 吉本隆明詩全集〈5〉定本詩集 1946‐1968
[Amazonへ]

ユーザーのしおりメモ (0)