今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中

なぜ、アマゾンは飛躍的な成長を遂げてきたのか

アマゾン ジャパンの立ち上げに携わった元幹部社員が、アマゾン社内のルールを紹介している一冊。なぜ、アマゾンは飛躍的に成長できたのか、その考え方がまとめられています。


■Customers Rule!(お客様が決めるんだ!)
アマゾンをアマゾンたらしめている「ルール」は、この一行に集約されている。アマゾンでは、四半期に一度、社員表彰が行われる。その中で最も価値のある賞が「Door Desk Award」と呼ばれる賞。受賞者には、創業時の倹約の象徴である、ドアデスクのミニチュアが贈られる。そこには、アマゾン創業者ジェフ・ベゾスのサインと共に、「Customers Rule!」の一文が手書きされている。

アマゾンの考え方は、シンプルである。「Customers Rule!」という大原則に基づいて、「お客様のために何ができるか?」を考え、シンプルに事業を推進しているだけ。但し、時間軸、スピード感、スケール感が違う。普段、我々が想像する距離や空間よりも、はるかに広い範囲で物事をイメージしている。世界各国に拠点を持つ巨大な組織でありながら、世界中のアマゾニアん1人1人が「お客様のために何ができるか?」という視点で、シンプルに物事を考え、実行している。

超短要約

アマゾンの強さを理解する上で非常に重要なものが「Our Leadership Principles(OLP)」というものである。これは「リーダーシップ理念」と呼ばれる。これらは14か条から構成されていて、アマゾンの日々の業務と切っても切り離せない。

①顧客へのこだわり
②オーナーシップ
③創造と単純化
④多くの場合正しい
⑤学び、そして興味を持つ
⑥ベストな人材を確保し育てる
⑦常に高い目標を掲げる
⑧広い視野で考える
⑨とにかく行動する
⑩質素倹約
⑪人々から信頼を得る
⑫より深く考える
⑬意見を持ち、議論を交わし、納得したら力を注ぐ
⑭結果を出す

著者 佐藤 将之

企業成長支援アドバイザー セガ・エンタープライゼスを経て、アマゾンジャパンの立ち上げメンバーとして2000年に入社。サプライチェーン、書籍仕入れ部門を経て、2005年よりオペレーション部門にてディレクターとして国内最大級の物流ネットワークの発展に寄与。2016年、同社退社。 現在は鮨職人として日本の食文化に携わるとともに、15年超の成長企業での経験を生かし、経営コンサルタントとして企業の成長支援を中心に活動中。

この本を推薦しているメディア・人物

エコノミスト 2012年 5/15号 [雑誌] エコノミスト 2012年 5/15号 [雑誌]
ビジネスブックマラソン ビジネスブックマラソン
土井 英司
日経トップリーダー 日経トップリーダー

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
はじめに p.2 4分
序 章 アマゾンを理解するための基礎知識 p.15 14分
第1章 アマゾニアンを加速させる基本理念 p.43 16分
第2章 アマゾンの飛躍的な成長を支えるビジネスモデル p.75 15分
第3章 アマゾニアンの体内に流れるリーダーシップ p.105 21分
第4章 優秀なアマゾニアンを獲得する人事採用 p.145 11分
第5章 アマゾニアンをさらなる高みに引き上げる人事評価 p.167 6分
第6章 アマゾンの成長を「仕組み化」する目標管理 p.179 12分
第7章 世界を革新するアマゾニアンのアイデア p.203 14分
第8章 アマゾニアンが追い求めるスピード p.231 10分
第9章 シンプルに行動するアマゾニアンのコミュニケーション p.251 11分
終 章 劇的な成長を一員として体験できたアマゾンでの15年 p.273 6分

ユーザーのしおりメモ (0)