今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2018/03/19更新

教養としてのテクノロジー―AI、仮想通貨、ブロックチェーン (NHK出版新書 545)

126分

1P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

アルゴリズムが社会を良くするわけではない

テクノロジーへの安易な期待は、社会の過剰なシンプル化につながる。つまり、「きっとテクノロジーがすべてを解決するはずだ」という発想になりやすく、シリコンバレーの人たちは、自分の目の前に今ある政治や教育などの社会の課題に対して、真剣に向き合う機会が少ない。社会の問題に対して、あまり深く考えず「アルゴリズムさえ良くなれば、コンピュータが全部やってくれるだろう」というのは、とても危険な考えではないか。

なぜなら、こうしたシンギュラリティ信仰に基づく「技術こそすべて」の考え方が、資本主義的な「規模こそすべて」の考え方につながり、本来は社会を良くするためにある「情報技術の発展」や「規模の拡大」が自己目的化して、様々な場所で軋轢や弊害を生み出しているように思えるからである。

AIに仕事が奪われたら、どうすれば良いのか

AIの技術はあらゆるサービスのインフラとして、すでに実用化の域に達しつつある。ディープラーニングによる音声認識機能の飛躍的な向上により、Youtubeは毎日10億本のビデオに字幕を付けている。英語のニュースもワンクリックで日本語に翻訳することができるようになり、言語の壁が壊れつつある。当然、字幕を付けるような人間の仕事は、AIに代替されたといえる。しかし、人間の労働は経済効率だけで語ることはできない。

働くとは、お金をもらって何かをするということなのか。自給自足は働くと呼んでいいのか。働くことがイコールお金ではないように、世の中にはお金ではないが価値のあるものや、お金では決して買えないものも存在する。AIが人間の仕事を奪ったとしても、人間が働くことがなくなるというわけではない。人間はお金のためだけに働くわけではないからである。

こうした考えが、生まれやすい背景には、例えばGDPのように、経済の指標として国家の運営に役立てようという発想がある。産業革命以降の経済発展には、役立ってきたが、情報技術などあらゆるテクノロジーが社会を抜本的に変えつつある現在、どこまでそうした指標が重要かについては議論が必要である。今ほど経済効率や生産性だけではないGDPの測り方が必要とされているタイミングはない。

人生の意味を考えることが必要

生活のためのお金を稼ぐため、経済効率のためという、今まで社会を動かしていたようなロジックは自己目的化しやすい。AIは課題を与えれば解決に向かって動き出すものだが、「人生の意味」を与えてくれるものではない。「生きる意味って何だろう?」と考えられるのが人間である。

「経済的価値を重視して生きることが幸せである」という従来型の資本主義に対して、「自分の生き方の価値を高めるためにどう働けばいいのか」という、新しいセンシビリティを考えるには、面白い時期である。