今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2017/11/28更新

幸せとお金の経済学

194分

3P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

平均以下でも幸福度を高めるにはどうすればいいのか

過去や他者との比較によって、人の幸福度は変化する。格差が拡大している現在において、人々の幸福度が下がっている現状を解説しながら、いかに個人の幸福度を高めれば良いのかを示唆する一冊。


■広がり続ける格差
1970年代初期までは、あらゆる層の世帯で、所得は約30年にわたって同じ割合(年3%弱)で伸びてきた。ところが、1970年代初期から2007年の間では、アメリカで大幅に所得が増加した世帯のほぼすべてが所得分布の上位1/5に、中でもトップ1%に集中していた。この1%がこの国の金融資産全体の42%以上を所有していた。金融危機の直後には、所得規模の両端の層の隔たりはかなり狭まった。しかし、景気が回復し始めると、トップ層を苦しめた状況はすぐに好転し、その一方で、最下層の人々の時間当たりの賃金は停滞し続けた。2013年には、稼ぎ手のトップ1%は所得の伸び全体の93%を手にした。

1970年から2007年にかけての税引き前所得の格差拡大は、技術の変化や競争の激化の結果、あらゆる領域で最も有能な人材の経済的影響が大きくなったために生じた。そしてこの一人勝ち状態の傾向は継続しているため、格差はまだまだ広がり続ける可能性が高い。

超短要約

①人には相対的な消費が重要だと感じる領域がある
②相対的な消費への関心は「地位獲得競争」、つまり地位財に的を絞った支出競争につながる
③「地位獲得競争」に陥ると、資金が非地位財に回らなくなって幸福度は下がる
④中間所得層の家庭では、格差の拡大によって「地位獲得競争」から生じる損失がさらに悪化した

著者 ロバート・H・フランク

H.J.ルイス講座 教授(経営学) コーネル大学ジョンソンスクール 経済学教授 ニューヨーク・タイムズ紙では10年以上にわたり経済コラムを執筆。

この本を推薦しているメディア・人物

帯
金森実業代表取締役 金森 重樹
ビジネスブックマラソン ビジネスブックマラソン
土井 英司

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
I 収入が増えない時代の幸せとお金の研究序説 p.21 19分
II 「普通の生活」でもどんどんお金が減っていく理由 p.53 37分
III 地位財・非地位財でわかる幸せのコスパ p.115 29分
IV 「平均以下」が私たちを幸せにする? p.163 21分
V 今、問われている納税者としての金銭感覚 p.197 19分

この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)

国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究 (下) 国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究 (下)
[Amazonへ]

ユーザーのしおりメモ (0)