今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2017/09/21更新

ゲノム解析は「私」の世界をどう変えるのか? 生命科学のテクノロジーによって生まれうる未来

143分

2P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

ゲノム解析だけでは何もわからない

ヒトゲノム計画とは、人の全塩基配列(DNAの構成物の一部である塩基の並び)を明らかにする世界規模のプロジェクトである。1990年から始まり、2003年に終了した。当初、ヒトゲノムがわかれば病気の原因やメカニズムなど、何でもわかると思われていたが、結果は「ゲノムだけわかっても何もわからない」ということだった。

ある病気になるかどうかがゲノムだけで決まることは極めて稀である。ゲノムが同じだからといって、そこから作られるRNA、タンパク質の量が同じだとは限らない。RNAやタンパク質は体内の環境に応じて作られるため、食習慣や運動量などが変われば、作られる量は変わる。さらに代謝物となれば、より環境の影響を受けやすい。つまりゲノムだけ見ていても、わかることは限られている。

ゲノムデータを大規模に収集することで法則を見つける時代

ヒトゲノム計画を境に、生命科学に「生命をデータとして扱う」という流れが生まれた。大量にデータから共通点または差異を見つけることで、法則性を明らかにする。ヒトゲノム計画以降、2014年までに22万8000人のゲノムが解読され、2017年までに合計で160万人に達すると予測されている。ゲノムデータの収集量が加速度的に増加することで、研究成果も増えていく。ゲノム解析技術は飛躍的に向上しており、いずれは特定の遺伝子だけを知るのではなく、全ゲノムを生まれた時から知る時代になる。

何千人、何万人という人からゲノムを丸ごと集め、その中から目的のものを探す方法を「ゲノムワイド解析(GWAS)」という。GWASは、特に生活習慣病の遺伝的リスクを探索する有用なツールとして注目されている。これまでの遺伝子の一本釣りから底引き網漁法に変わったという意味で、生命を解明する方法のパラダイムシフトが起きたと言える。

ゲノム解析の進歩でこれまでの常識が覆る

ゲノム解析のスピードが高まることで、今までの常識では考えられなかったことが発見されることがある。今までの常識では、その遺伝子疾患を発症していないということは、原因となる遺伝子変異を持っていないと考えられてきた。ところが、発症する遺伝子変異を持っているにもかかわらず、発症していない事例が見つかったことで、発症を抑える有益な遺伝子があるかもしれないことがわかった。これまでの研究は、病気になる遺伝子変異に注目してきたが、「病気にならない」遺伝子変異にも注目する必要が出てきた。このことは、病気を発症している人だけでなく「発症していない人も調べる」必要が出てきたことを意味する。