今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2017/08/21更新

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

323分

4P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な
アマゾン詳細ページへ

イノベーションを予測可能にするにはどうすればいいのか

『イノベーションのジレンマ』の著者、クレイトン・クリステンセンが、イノベーションを予測可能にするためには、どうすればいいのかを紹介している一冊。


■イノベーションには因果関係を知る必要がある
現実には、イノベーションが成功するかどうかは一か八かの色合いが強い。何が顧客にその行動を取らせたのかを真に理解していない限り、賭けに勝つ確率は低い。だが、イノベーションとは本来、もっと予測可能で、もっと確実に利益をあげられていいはずだ。必要なのは、ものの見方を変えること。大事なのはプログレス(進歩)であって、プロダクト(商品)ではない。

企業は果てしなくデータを蓄積しているものの、どういうアイデアが成功するかを高い精度で予測できるように体系化されていない。データは、相関関係を表してくれるが、顧客が「なぜ」ある選択をするのかということについて何も教えてくれない。

問うべき質問は「どんなジョブ(用事・仕事)を片付けたくて、あなたはそのプロダクトを雇用するのか?」である。

超短要約

ジョブ理論の中核は、顧客がなぜ特定のプロダクト/サービスを生活の中に引き入れるのか、その理由を説明することである。顧客がプロダクト/サービスを引き入れるのは、彼らにとって重要なジョブが発生し、まだ満たされていない時二、それを解決するためだ。このなぜを理解するかどうかが、あるイノベーションは成功し、別のイノベーションはそうでないかの分岐点となる。

著者 クレイトン・クリステンセン

1952年生まれ。ハーバード・ビジネス・スクール教授 ボストンコンサルティンググループで活躍後、ホワイトハウスフェローとして運輸長官などの補佐を務める。 1984年に、セラミックス・プロセス・システムズ・コーポレーションというベンチャー企業を起業し、社長・会長を歴任。その後、現職。

著者 カレン・ディロン

編集者 2011年まで『ハーバード・ビジネス・レビュー』の編集者として20年のキャリアをもつ。2011年、アショカ財団により世界で最も影響を与えた女性として選出される 。

著者 タディ ホール

ケンブリッジ・グループ プリンシパル ニールセン社のブレークスルー・イノベーション・プロジェクトのリーダーを務める。様々な企業に対し、イノベーションのプロセスを改善する支援をおこなっているほか、〈エンデバー〉など新興市場の経営トップに緊密な指導を提供している。

この本を推薦しているメディア・人物

TOPPOINT TOPPOINT
ビジネスブックマラソン ビジネスブックマラソン
土井 英司
日経ビジネスアソシエ 2017年 11 月号 [雑誌] 日経ビジネスアソシエ 2017年 11 月号 [雑誌]
日経トップリーダー 日経トップリーダー

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
序 章 この本を「雇用」する理由 p.9 9分
第1章 ミルクシェイクのジレンマ p.26 16分
第2章 プロダクトではなく、プログレス p.50 24分
第3章 埋もれているジョブ p.86 19分
第4章 ジョブ・ハンティング p.116 23分
第5章 顧客が言わないことを聞き取る p.151 27分
第6章 レジュメを書く p.192 26分
第7章 ジョブ中心の統合 p.232 24分
第8章 ジョブから目を離さない p.269 18分
第9章 ジョブを中心とした組織 p.297 23分
第10章 ジョブ理論のこれから p.332 13分

この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)

マネー・ボール (RHブックス・プラス) マネー・ボール (RHブックス・プラス)
[Amazonへ]
科学革命の構造 科学革命の構造
[Amazonへ]
シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」 シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」
[Amazonへ]

ユーザーのしおりメモ (0)