今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2017/08/01更新

投資レジェンドが教える ヤバい会社 (日経ビジネス人文庫)

185分

3P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

儲からない会社の見抜き方

これまで6500人の社長と会ってきたファンドマネジャーが、投資すべき会社、投資すべきでない会社のポイントを紹介している一冊。


■サラリーマン社長の会社は成長が期待できない
企業経営において重要なのは「目線の高さ」である。サラリーマン経営者の問題は、まず短期志向で企業を経営しがちなこと。四半期の業績にこだわり、長期的な視野が欠落しやすくなる。また、経営に関する決定事項は書類を固め、「みんなで決めた」という形をつくって自分1人が叩かれないように根回しすることも少なくない。間違った意思決定も責任を分散すれば通せるということになってしまう。

■社長の保有株比率が高い会社の方が株価が上昇する
一般にサラリーマン経営者は、株価に無関心なケースが多い。オーナー経営者は、自分が一番の株主であるため、株価の上昇や下落には、大変敏感である。

■社長の知名度と株価は、ある程度連動している
経営トップの知名度と株価はある程度連動している。これは、経営トップが自分の顔と名前を出してコメントを発しており、メッセージを広く伝える力があることに負うところが大きい。

超短要約

投資をして、その会社と長い付き合いをしていく場合、会社理念や本質に関わることを知っておくことは非常に重要である。それが将来の株価の上昇につながり、ひいては日本経済を背負ってくれるような大企業になる可能性を秘めている。

著者 藤野 英人

1966年生まれ。レオス・キャピタルワークス CIO 大学卒業後、野村證券、JPモルガン、ゴールドマン・サックス系の資産運用会社を経て、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。取締役・最高運用責任者(CIO) として、成長する日本株に投資する「ひふみ投信」を運用し、高パフォーマンス をあげ続けている。 2012年、2013年にはR&I社の日本株投信のファンド大賞で、それぞれ最優秀賞、優秀賞を獲得。「お金」や「投資」を通して、株式会社や日本社会、世界経済のあるべき姿を模索し続けている。

この本を推薦しているメディア・人物

帯
作家 村上 龍
ビジネスブックマラソン ビジネスブックマラソン
土井 英司

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
はじめに p.3 3分
第1章:会社の性格は社長で決まる p.17 37分
第2章:ブラック企業はこう見抜け! p.89 35分
第3章:社内結婚が多い会社は儲かっている! p.157 25分
第4章:産卵後に死んでしまうサケでなく、メンドリを探せ! p.205 25分
第5章:会社を見分ける3つの基準~ナオコの原則 p.253 12分
おわりに p.276 2分

この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫) 失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
[Amazonへ]

ユーザーのしおりメモ (0)