今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2017/03/21更新

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA―――終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術

149分

2P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

身に付く:

アマゾン詳細ページへ

P:「毎日」の目標を設定する

ソフトバンクの場合「実行ありき」である。議論や分析の前に、まずは「やる!」と決めてしまう。しかも、目指す目標はとてつもなくハードルが高い。ソフトバンクは、これまで特別に他の人がやりたくないことを、誰よりも先駆けてやっただけである。孫社長は事業成功の秘訣として「人がやりたがらない商売ほど儲かるんだぞ」と言った。他の人が「やらない」という答えを選択するような仕事やプロジェクトほど、実行すれば大きな成功につながる。だから「まず実行する」ということが大切である。同時にソフトバンクでは最終目標を決める。「目標+実行」からソフトバンクではすべてが始まる。

D:「同時にすべての手段」を試す

孫社長の「すべてのことを試す」におけるスタンスは徹底している。業界の非常識であっても、可能性がなさそうに思えても関係なしで、目の前のすべての方法を必ず試す。一度にすべての方法を実行するのを重視するのには次の理由がある。

①スピードでライバルに勝てる
②最善の方法を探せる
③各方法を正確に比較できる

C:結果は「数字」で厳密に検証する

孫社長が社員たちに求めることを一言で表すなら「数字で語れない者は去れ」である。どんな報告や相談にしろ、数字に基づいて話せない人間は評価されない。

高速PDCAを回す中で、数字を使う場面は「目標設定」「検証」「プロセスの見える化」の3つ。このためには2つのワザが役立つ。

①多変量解析:それぞれの要因がどのように関連しているかを明らかにする
②T字勘定:プロセスごとに毎日の数字の出入りをチェックする

A:「一番いい方法」だけを磨き上げる

大勝負に勝つために、孫社長がとった戦略が「一番いい方法」だけをやるである。あらかじめ期間を決めた上で、最初は赤字になってもいいから、あらゆる販売手法や販売チャネルを試す。そして、すべての方法を試しながら結果を検証し、最終的に一番効果がある方法を選んで、それだけを実行する。

すべての方法を数字で管理し、試し続けてきたので、必然的に最適な方法が見えてくるので、「一番いい方法」を見つけるのは簡単である。但し、その方法が永遠にいい方法であり続けることは難しい。そこで「6:3:1の法則」を使う。

1割は新しい方法をどんどん試してみる。試してみて結果が出た方法は、3割の中で入れ替える。「6」が一軍、「3」が二軍、残りの「1」がテスト生というイメージである。