今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2016/12/19更新

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

180分

2P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

生産性を高めることが大切!

忙しい原因は生産性の低さにある。仕事も家事もあらゆることを生産性高く、効率的にするためには、何が大切かということを解説している一冊。


■「忙しすぎる」という問題の本質
①長い時間、働くことによって、問題を解決しようとしている
②すべてのことを「やるべきこと」と考え、全部やろうとしている
 何もかも完璧にやろうとしている
③不安感が強すぎて、NOと言えなくなっている
④「とにかく頑張る」という思考停止モードに入ってしまっている

これらに共通している本質的な問題は「生産性が低すぎる」ということである。もしくは「生産性の概念を理解していない」と言ってもいい。生産性は仕事だけでなく家事から育児、勉強にコミュニケーションに至るまで、あらゆる場面において成果を最大化するための鍵となる概念である。

超短要約

時間を大切にするために最も気をつけるべきことは、自分の時間を簡単に売らないことである。時間の価値が非常に大きいと考える人は、できるだけ高く時間を売る方法は何かと考えるようになる。これが「どう付加価値をつければ、自分の貴重な時間を高く売れるか」という発想につながり、その人の時給を上げていく。

著者 ちきりん

作家、ブロガー バブル期に証券会社に就職。その後、米国での大学院留学、外資系企業勤務を経て2011年から文筆活動に専念。 2005年開設の社会派ブログ「Chikirinの日記」は、日本有数のアクセスと読者数を誇る。

この本を推薦しているメディア・人物

ビジネスブックマラソン ビジネスブックマラソン
土井 英司
マインドマップ的読書感想文 マインドマップ的読書感想文
smooth

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
序章:「忙しすぎる」人たち p.1 13分
1章:高生産性シフトの衝撃 p.25 17分
2章:よくある誤解 p.57 12分
3章:どんな仕事がなくなるの!? p.79 11分
4章:[インプットを理解する]希少資源に敏感になろう p.99 10分
5章:[アウトプットを理解する]欲しいモノを明確にしよう p.117 9分
6章:[生産性の高め方1]まずは働く時間を減らそう p.133 20分
7章:[生産性の高め方2]全部やる必要はありません p.169 16分
8章:高生産性社会に生きる意味 p.199 15分
終章:それぞれの新しい人生 p.227 9分

この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)

大前研一 敗戦記 大前研一 敗戦記
[Amazonへ]

ユーザーのしおりメモ (0)