今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2016/09/19更新

超一流になるのは才能か努力か?

364分

2P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

身に付く:

アマゾン詳細ページへ

能力を伸ばすために最も効果的な方法

チェス、バイオリン、テニス、数学など、世界中のトッププレーヤーたちを30年以上にわたって科学的に研究して、導き出された「超一流」になるための原則を紹介している一冊。


■脳と身体の適応性を引き出すことが能力向上につながる
「才能に恵まれた」人の成功において遺伝的資質の影響がどれほどあるかにかかわらず、最大のカギを握るのは誰にでも漏れなく備わっている能力、すなわち人間の脳と身体の適応性である。脳には適応性があり、絶対音感をはじめとする能力は、あらかじめ存在していなかったとしても訓練によって生み出すことができる。人間の脳や身体は負荷に反応することで新たな能力を獲得する。

但し、努力し続けるだけで目標を達成できるというのは間違っている。正しい訓練を、十分な期間にわたって継続することが向上につながる。分野を問わず、技能を向上するための最も有効な方法は例外なく、同じ一般法則を満たしている。この普遍的アプローチを「限界的練習」と名付けた。これは、様々な分野で適応性という能力を活かし、新たな技術や能力を身に付けたいと願う人たちのゴールド・スタンダードである。

超短要約

並外れた能力は例外なく膨大な練習や訓練の産物である。誰でも能力を伸ばすことはできるが、それには正しい方法が必要である。上達しないのは生まれつきの才能がないためではない。正しい方法で練習していないからだ。

著者 アンダース エリクソン

フロリダ州立大学心理学部教授 「なぜどんな分野にも、超一流と呼ばれる人が存在するのか」という疑問から、30年以上にわたり、スポーツ、音楽、チェスなど、あらゆる分野における「超一流」たちのパフォーマンスを科学的に研究。そこから、どの分野においても、トッププレーヤーは必ずある共通の練習法を採用していることを突き止め、それを「限界的練習(deliberate practice)」理論として発表した。

著者 ロバート プール

サイエンスライター

この本を推薦しているメディア・人物

マインドマップ的読書感想文 マインドマップ的読書感想文
smooth
ビジネスブックマラソン ビジネスブックマラソン
土井 英司

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
序 章 絶対音感は生まれつきのものか? p.10 14分
第一章 コンフォート・ゾーンから飛び出す「限界的練習」 p.27 26分
第二章 脳の適応性を引き出す p.59 22分
第三章 心的イメージを磨きあげる p.87 32分
第四章 能力の差はどうやって生まれるのか? p.127 29分
第五章 なぜ経験は役に立たないのか? p.163 27分
第六章 苦しい練習を続けるテクニック p.197 34分
第七章 超一流になる子供の条件 p.240 26分
第八章 「生まれながらの天才」はいるのか? p.273 34分
終 章 人生の可能性を切り拓く p.316 17分

ユーザーのしおりメモ (0)