今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中
2012/04/01更新

インサイド・アップル

256分

1P

  • 古典的
  • トレンドの
  • 売れ筋の
  • すぐ使える
  • 学術系
  • 感動する
  • ひらめきを助ける
  • 事例が豊富な

対象読者:

アマゾン詳細ページへ

アップルの組織の中身を知る

アップルの成功はこの会社特有のものなのだろうか?
それとも他の会社が見習って後に続くべきものなのだろうか?

ジョブズの影で、語られることのなかったアップルの社内組織のしくみを、元幹部・社員ら数十人の証言で明らかにしている。

ティム・クック新CEOの体制で、今後アップルはどうなるのかといった事が書かれている。

超短要約

アップルの社内システムの特徴

・ジョブズが組織の驚く程低いレベルまで細かく管理した。
・秘密主義が内部から厳格に守られている。
会議であるトピックについて話すためには、全員がトピックが「開示」されていることを確認する必要がある。アップルのエンジニアたちは外で仕事の話をしない。
・組織図は存在しない。
・職位は必ずしも社内のステータスと一致しない。
まず工業デザイナーは不可侵。ジョブズが亡くなるまで長年一緒に働いていたエンジニアの小集団も同様。他の社員は、担当製品の成功の度合いによって社内でのステータスが変わる。
・デザインが製品の出発点となる。
限られた社員しか入れない部屋で製品は生まれる。
・「直接責任のある個人」が割り振られる。
・収支管理を行う幹部はCFOのみ。
・毎週月曜日に経営チームで会議。社内全チームがこれに向け準備をする。
・一度雇われた社員は長くとどまる。
・機能ごとに組織のラインが作られており、製品群でまとめる構造をとっていない。

著者 アダム・ラシンスキー

「フォーチュン」誌シニアエディター 専門はテクノロジー・金融。シリコンバレーとウォール街をフィールドとするトップジャーナリストの一人として知られ、「フォーチュン」誌ではアップルの他、グーグルやHP等に関する特集記事を多数執筆。 とりわけ本書の元となった、アップルの組織図や内部システムを明らかにした2011年5月のスクープ記事“INSIDE APPLE”は大きな反響を呼んだ。

この本を推薦しているメディア・人物

404 Blog Not Found 404 Blog Not Found
小飼 弾

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
第1章 ジョブズ信仰を超えて p.9 26分
第2章 ようこそインフィニット・ループへ――アップルにおける2つの秘密主義 p.45 16分
第3章 すべてをコントロールする――デザイン、製品ライン、経営企画 p.67 15分
第4章 永遠の新興企業?――DRI制、経営チーム、トップ100 p.87 19分
第5章 ジョブズの後継者たち――クック、アイブ、そしてフォーストール p.113 23分
第6章 伝えるべきメッセージを選ぶ――基調講演、広報、宣伝 p.145 23分
第7章 「アップルとのあいだに提携関係は成り立たない」――顧客、パートナー、競合他社 p.177 16分
第8章 ポスト・ジョブズ時代のアップル――「アップル大学」の効果、独裁者不在のチャンスと不安 p.199 19分
第9章 アップル卒業生が成功する日――ジョブズ・ウェイは模倣可能か? p.225 12分
第10章 最後にもうひとつ p.241 18分

この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)

なぜリーダーは「失敗」を認められないのか―現実に向き合うための8の教訓 なぜリーダーは「失敗」を認められないのか―現実に向き合うための8の教訓
[Amazonへ]
あなたの職場のイヤな奴 あなたの職場のイヤな奴
[Amazonへ]
スティーブ・ジョブズの王国 ― アップルはいかにして世界を変えたか? スティーブ・ジョブズの王国 ― アップルはいかにして世界を変えたか?
[Amazonへ]
創造の狂気 ウォルト・ディズニー 創造の狂気 ウォルト・ディズニー
[Amazonへ]
ウォール街の大罪―投資家を欺く者は許せない! ウォール街の大罪―投資家を欺く者は許せない!
[Amazonへ]

ユーザーのしおりメモ (0)