今読むべき優良ビジネス書が
すぐ見つかり、読んだ本を
しっかり自分の知識にするサイト

本を検索する

カテゴリーから探す

人気のタグ

お知らせ


Android無料アプリ配信中

経営における実行のノウハウ

成果が上がらないのはなぜか。それは、企業や組織に「実行」の文化が根づいていないという場合が多い。どうすれば「実行」できるのか。辣腕経営者と著名コンサルタントが豊富な経験をもとに「実行」のノウハウを説く。

超短要約

実行について考える時は、以下の3つを念頭に置く必要がある。
①実行とは体系的なプロセスである。
②実行はリーダーの仕事である。
③実行は文化の一部でなければならない。

リーダーは、企業に実行力を持たせるため、従業員を知り、適材適所を心がけ、実行という文化を浸透させる必要がある。その際には、積極的に関与し、最後までフォローしなければならない。

著者 ラリー ボシディ

1935年生まれ。ハネウエル・インターナショナルの前会長兼最高経営責任者(CEO) 1984年から1991年までGE副会長兼執行役員を務めるなど、同社のジャック・ウェルチ会長の右腕として活躍。1991年、アライド・シグナルの会長兼CEOに転じ、卓越した手腕で同社を世界的に尊敬される企業に育て上げた。1999年、アライド・シグナルとハネウエルの歴史的合併を成し遂げ、ハネウエル・インターナショナル会長に就任。2000年4月に退任したが、2001年7月、会長兼CEOに復帰。 アライド・シグナルを、成長とシックスシグマによる生産性向上の重視によって成功に導き、世界的に尊敬される企業に変貌させた手腕を高く評価されている。ジャック・ウェルチ前GE会長が惚れ込んだ、「心から頼れる友人」

著者 ラム チャラン

1939年生まれ。コンサルタント ベンチャー企業からフォーチュン500社にいたるまで、企業のCEOや経営幹部のアドバイザーとして高い人気を誇る。顧客にはGEやフォード、デュポン、EDS、ユニバーサル・スタジオ、ベライゾンなどが名を連ねる。 現在はハーバード大学、ノースウェスタン大学の経営大学院で教鞭をとる。

著者 チャールズ バーク

ライター兼編集者 元フォーチュン誌の編集者

この本を推薦しているメディア・人物

TOPPOINT TOPPOINT
日経 WOMAN (ウーマン) 2011年 01月号 [雑誌] 日経 WOMAN (ウーマン) 2011年 01月号 [雑誌]
ECナビ JMEPビジネスデベロップメント部 責任者 椿 奈緒子
日経ビジネス 2011年 6/13号 [雑誌] 日経ビジネス 2011年 6/13号 [雑誌]
PRESIDENT (プレジデント) 2012年 6/18号 [雑誌] PRESIDENT (プレジデント) 2012年 6/18号 [雑誌]
良品計画会長 松井 忠三
ビジネスパーソンのための「最強の教養書」100 (日経ムック) ビジネスパーソンのための「最強の教養書」100 (日経ムック)
ロコンド代表取締役社長 田中 大輔

章の構成 / 読書指針

章名 開始 目安 重要度
はじめに p.3 8分
第1章 誰も気づかないギャップ p.17 18分
第2章 実行がもたらす違い p.42 16分
第3章 構成要素その一 リーダーがとるべき七つの行動 p.67 23分
第4章 構成要素その二 文化の変革に必要な枠組みをつくる p.99 20分
第5章 構成要素その三 他人に任せてはならないリーダーの仕事 適材適所にあてる p.126 23分
第6章 人材プロセス 戦略・業務プロセスと連動させる p.159 31分
第7章 戦略プロセス 人材・業務プロセスと連動させる p.201 23分
第8章 戦略レビューをどう進めるか p.232 15分
第9章 業務プロセス 戦略・人材プロセスと連動させる p.253 32分
おわりに 新しいリーダーへの手紙 p.297 7分

ユーザーのしおりメモ (0)